FX投資

【2019】トルコの経済情勢&トルコリラの見通し【為替予想】

更新日:

どうも、金利(かねとし)です。

今回は、2019年のトルコリラはいくらになるのか為替予想をします。

トルコの経済情勢をざっくり説明していきます~。

営業マン
トルコリラは政策金利が高いので、スワップポイントが非常に高いです。その理由は、経済情勢が不安定だからです。

トルコリラの今後予想

不安要素おおい!手を出しちゃダメ。とりあえず様子見!

対外債務が大きいことがネックで外貨不足の場合デフォルトする可能性もありましたが、2018年8月にドイツとカタールが「外貨を貸す」直接投資を表明しました。

一旦、デフォルト危機は避けられたと思います。

ただし、対外債務の期限である2019年7月まではどう転ぶか想定できませんので、様子を見た方がいいです。

 

トルコリラの発行国、トルコについて

トルコとは

トルコの場所はこちら↓

欧州であり、アジアである国

欧州でありアジアでもあります。欧州とアジアは、ボスポラス海峡(写真の「イスタンブル」あたり)で隔てられているのですが、どちら側にもトルコがあるためです。

ちなみに、首都のイスタンブールや大部分はアジア側にありますので、面積でいえばアジアになります。

欧州かアジアか微妙な位置にいるので、EUに加入できていません。※加入できていない理由は、立地だけではなく「トルコ系移民多すぎ問題」ですでに反発されていたり、「イスラム教国であること」で女性に対する人権が軽視されていたり、トルコの前身であるオスマン帝国は軍事的な脅威だったこともあり感情的な反発が強いようです。

トルコはEUに加盟交渉をしていますが、10年以上は確実にかかると言われています。

【豆知識】トルコはあまり自動車は普及していなく、農村部は移動や農作物の運搬のために馬をバリバリ使っているらしい。

 

トルコの経済

お金持ち
昔から軽工業が盛んだ。最近は自動車産業に力を入れているぞ。

軽工業(繊維・衣類)の輸出が中心です。

近年は外資に頼る自動車産業(海外メーカーを誘致して工場を建設)に力を入れています。

ちなみに、トルコにある自動車メーカーの工場はこちら↓

フォード(アメリカ)
ジェネラルモーターズ(アメリカ)
フォルクスワーゲン(ドイツ)
ダイムラー(ドイツ)
フィアット(イタリア)
プジョーシトローエン(フランス)
ルノー・日産(フランス・日本)
トヨタ(日本)
ホンダ(日本)
現代自動車(韓国)

2015年~2017年の新車販売は、年100万台規模で推移しています。

ただし、2018年の新車販売は前年比ー35%減の約62万台でした。原因は、2018年8月に起こったトルコリラの急落です。8月以降は前年同期間と比較し平均ー56%となっています。

 

グラフで見るトルコ経済

営業マン
トルコリラは下落し続けています。それに伴い政策金利は上昇。GDPは安定した成長。消費者物価指数は毎年上昇。失業率は横ばい。最低賃金はすごく上昇しています!
トルコリラの推移

引用:https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=TRYJPY=X&ct=z&t=ay&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130&a=

下落し続けています。

クソリプ
ずっと下がってんじゃん。ちょー危険じゃん
トルコの実質GDP成長率推移

引用:https://fx.minkabu.jp/indicators/TR-GDP

成長しています。成長率は横ばいです。

トルコの政策金利推移

引用:https://fx.minkabu.jp/indicators/TR-TCMB

トルコリラの下落に伴い、中央銀行が上昇させています。

トルコの消費者物価指数

引用:https://fx.minkabu.jp/indicators/TR-CPI

トルコリラ下落に伴い消費者物価指数が上昇しています。

トルコは物価上昇率が高いです。表を見ると、平均10%/年の上昇です。

→政策金利を引き上げましたが、これで消費者物価指数(インフレ)が収まらなければ更なる政策金利の上昇が考えられます。→それでもおさまらなければインフレ(トルコリラ下落)の歯止めが利かなくなります。

トルコの失業率

引用:https://fx.minkabu.jp/indicators/TR-UER

横ばいです。

トルコの最低賃金

引用:https://jp.tradingeconomics.com/turkey/minimum-wages

 

トルコリラ安の原因とは

アメリカとの喧嘩!あと、昔からの問題。物価上昇による民間企業の外貨建て使用で、対外債務大!

ちなみに、2018年8月トルコリラ急落の原因は、アメリカのトランプ大統領との関係悪化になります。トルコで起こったクーデター未遂事件にアメリカ人牧師が関与として捕まり、トランプ大統領が「鉄鋼やアルミニウムの輸入関税の税率を倍にすんぞ」と脅し、トルコのエルドアン大統領が「おうおう、かかってこいよ」とのことです。

※トランプ大統領もエルドアン大統領も、選挙を意識したパフォーマンスといわれています

その他は、以前から下記の問題点があります。

政府によるトルコリラの増刷

トルコは物価以上に給料が増えています。消費者物価指数と最低賃金の表から見てとれます。

トルコは物価が上がっている以上好況です。

それだけ政府が支出を増やして、GDPを増やしている状態です。そしてこの財源はトルコリラの増刷で賄っていると思われます。

なので、リラ安が持続している原因は、トルコ国内の好況に伴いトルコリラが増刷されているためです。

民間企業の借金による対外債務の増加

トルコリラを保有していると相対的に「貯金の価値が下がる」状態なので民間起業はドル建てで貯金しているそうです。

トルコ国内が好況なのもあり、海外から借金をしてでもトルコに投資していることもあります。

その結果、民間企業による大量の対外債務ができました。

 

トルコリラの材料

営業マン
政策金利と、対外債務次第ですね!

トルコリラへポジティブに影響すること

政策金利の引き上げ

エルドアン大統領「金利を引き上げたくない」←でも引き上げました。これにより、トルコリラは最安値(16円)から徐々に上昇しています。

資源価格下落

2013年のシェールガス革命によって、原油価格が下落したままですし、新興国にはポジティブに働きます。

 

トルコリラへネガティブに影響すること

莫大な対外債務の期限が近い

外貨建ての借金のことです。「対外」という名前の通り、海外から借金しています。ドルやユーロ建てか多いです。

2019年7月までに返済期限になる対外債務は約1800億ドル(約20兆円)で年間国内総生産(GDP)の約25%に相当します。

外貨建てのため、トルコリラが価値を下げると返済負担は高まりますので、なんとしてでもトルコリラ安を避けなければなりません。

つまり、政策金利を引き上げる必要があります。さらに上昇するのではないでしょうか。

■対外債務の対策について

・トルコの中央銀行が国内の企業からトルコリラを買取り、ドルを渡す→その後、回収したトルコリラを廃却し消滅させることで、トルコリラの量が減り価値が上昇、トルコリラ高になります。

※しかし、トルコは外貨準備高が少ないため、どうなるか分かりません。もし政府が外貨不足になるとデフォルトするしかありません。

ちなみに、下記のような方法でうまく外貨準備高を普段から増やしていれば、外貨不足になることはありませんでした。

①中央銀行が、民間企業の外貨を買い取って外貨準備高を増やす

②中央銀行が、外貨を買い取るために自国通貨を増刷する

③その結果、自国通貨安になり輸出に強くなる

じゃ、またね。

FXのスワップポイントで稼ぐ?不労所得生活とリスクについて

続きを見る





-FX投資

Copyright© サラリーマン金利の株ブログ , 2019 All Rights Reserved.