節約

【徹底比較】マイルを貯めるならANA VISAワイドゴールドカード!効率よく使う方法

更新日:

どうも。金利(かねとし)です。

クレジットカードでの支払いで、ポイントを貯めてる方は多いと思います。
実は普通にポイントを貯めるよりも、2倍以上お得な方法があります。

もしあなたが年間1万ポイント貯めていたら、それが2万ポイント以上の価値になるのです・・・

しかも特別な作業はいりません。
支払いの時に、とあるクレジットカードを出せばどんどん貯まっていきます。

その名も「ANA VISAワイドゴールドカード」です!
年間使用額が200万円以下ならANA VISA一般カード、年間使用額が200万円以上ならANA VISAワイドゴールドカードで決まりです。

クレジットカードで一番効率よくマイルが貯まります。
今回はこのカードの詳細を説明します。

ANA VISAワイドゴールドカードのスペック

最低限でも200万以上使用する人向けのカードになります。その他の方は一般ANAカードをおすすめします。

年会費 ♦本人14,000円(税抜き) ♦家族4,000円(税抜き)
年間継続ボーナスマイル ♦2,000マイル
付帯保険 ♦国内旅行傷害5,000万円 ♦航空便遅延5,000万円 ♦海外旅行傷害5,000万円
クレジットポイント⇒マイル ♦1,000円=1クレジットポイント=10マイル(移行手数料無料)
ボーナスポイント
※1ボーナスポイントは
3マイルとなります。
昨年度のお支払い累計額により、本年度のボーナスポイント利率が決まる
♦昨年300万以上:本年50万円支払いで300ポイント+以降10万円ごとに60ポイント
♦昨年100~300万:本年50万円支払いで150ポイント+以降10万円ごとに30ポイント
♦昨年50~100万:本年50万円支払いで100ポイント+以降10万円ごとに20ポイント
その他特典 ♦提携ホテル、レンタカー割引♦電子マネー♦edyチャージマイル♦ANA関連割引 等

また、ゴールドカードなので各空港ラウンジの利用が可能になります。

 

年会費を割り引く方法

まず、年会費を割り引く方法があります。
2点作業するだけで、年会費が9,500円(4,500円値引き)になります。
(公式ページにも同様に記載有りますhttps://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/ana/benefit.jsp

①カードご利用代金WEB明細サービスの利用(紙の請求書ではないこと)にします。(-1,000円) カードを発行した後に、クレジットカードの設定変更で変更できます。VPASSに登録してから下記URLの通り作業すれば問題なくできます。
(公式ページhttps://www.smbc-card.com/mem/oshiharai/wm_mail_top.jsp
②マイペイすリボへの登録(リボ払いを利用する必要なし)して、カードを1回以上利用する。(-3,500円) VPASSで設定変更します。毎月のリボ払いの金額を、カード利用限度額(全額)に設定しておけば、リボ払いは0円となります。
リボ払いで登録になりますが、実質一括払いなのでリボ払いすることはなく、かつ年会費が安くなります。

 

年会費の元は取れるのか

ざっくり年間30万円以上使用するなら、年会費の元は取れます。

詳細について記載します。
該当するタブ(年間支払金額)をクリックしてください。

300万円以上支払う200万円以上支払う100万円以上支払う

年間300万円使用した場合、年会費9,500円に対して93,500円もどってきます。※1マイル=2.5円で計算
300万円の場合、年会費を差し引きして-84,000円。実に年率2.80%です。

<計算式>300万利用の場合
年間継続ボーナスマイル2,000マイル+ クレジットポイント3,000ポイント(30,000マイル)+ ボーナスポイント1,800ポイント(5,400マイル)※2年目以降=37,400マイル(還元率1.25%)

年間200万円使用した場合、年会費9,500円に対して59,500円もどってきます。※1マイル=2.5円で計算
200万円の場合、年会費を差し引きして-50,000円。実に年率2.50%です。

<計算式>200万利用
年間継続ボーナスマイル2,000マイル+ クレジットポイント2,000ポイント(20,000マイル)+ ボーナスポイント600ポイント(1,800マイル)※2年目以降=23,800マイル(還元率1.19%)

年間100万円使用した場合、年会費9,500円に対して31,500円もどってきます。※1マイル=2.5円で計算
100万円の場合、年会費を差し引きして-22,000円。実に年率2.20%です。

<計算式>100万利用
年間継続ボーナスマイル2,000マイル+ クレジットポイント1,000ポイント(10,000マイル)+ ボーナスポイント200ポイント(600マイル)※2年目以降=12,600マイル(還元率1.26%)

クレジットカードを作成するときは、ポイントサイト経由が一番お得です。

【2019年】ポイントサイトと自己アフィリエイトを駆使して10万円稼ぐ方法&オススメ案件紹介

続きを見る

 

 

年200万円以下ならANA VISA一般カードが一番お得

ゴールドカードと同様に割引すると、実質年会費は525円になります。
ANA VISAsuicaカードと比較すると年会費274円高いですが、suicaカードと違いゴールドカードへ切替できるので、ANA VISA一般カードをオススメします。

年会費 ♦本人2,000円(税抜き) ♦家族1,000円(税抜き)
年間継続ボーナスマイル ♦1,000マイル
付帯保険 ♦国内旅行傷害なし ♦航空便遅延1,000万円 ♦海外旅行傷害1,000万円
クレジットポイント⇒マイル ♦1,000円=1クレジットポイント=10マイル(移行手数料無料)
ボーナスポイント
※1ボーナスポイントは
3マイルとなります。
昨年度のお支払い累計額により、本年度のボーナスポイント利率が決まる
♦昨年300万以上:本年50万円支払いで150ポイント+以降10万円ごとに30ポイント
♦昨年100~300万:本年50万円支払いで75ポイント+以降10万円ごとに15ポイント
♦昨年50~100万:本年50万円支払いで50ポイント+以降10万円ごとに10ポイント
その他特典 ♦提携ホテル、レンタカー割引♦電子マネー♦ANA関連割引 等

そして、1ポイント=10マイルに変換する際に6,000円かかります。

仮に2年に1回、6000円の手数料をかけてマイルに変換した場合、年間手数料は4,000円(2年分の年会費含む)ということになります。

<ゴールドカードと違う点>
ボーナスポイントと年間継続ボーナスマイルがゴールドカードの半分になります。
また、特典や保険も少ないです。

マイル詳細について記載します。
該当するタブ(年間支払金額)をクリックしてください。

300万円以上支払う200万円以上支払う100万円以上支払う

年間300万円使用した場合、年会費4,000円に対して84,250円もどってきます。※1マイル=2.5円で計算
300万円の場合、年会費を差し引きして-80,250円。実に年率2.68%です。

<計算式>300万利用
年間継続ボーナスマイル1,000マイル + クレジットポイント3,000ポイント(30,000マイル)+ ボーナスポイント900ポイント(2,700マイル)※2年目以降=33,700マイル(還元率1.12%)

年間200万円使用した場合、年会費4,000円に対して54,750円もどってきます。※1マイル=2.5円で計算
200万円の場合、年会費を差し引きして-50,750円。実に年率2.54%です。

<計算式>200万利用
年間継続ボーナスマイル1,000マイル + クレジットポイント2,000ポイント(20,000マイル)+ ボーナスポイント300ポイント(900マイル)※2年目以降=21,900マイル(還元率1.10%)

年間100万円使用した場合、年会費4,000円に対して28,250円もどってきます。※1マイル=2.5円で計算
100万円の場合、年会費を差し引きして-24,250円。実に年率2.43%です。

<計算式>
年間継続ボーナスマイル1,000マイル + クレジットポイント1,000ポイント(10,000マイル)+ ボーナスポイント100ポイント(300マイル)※2年目以降=11,300マイル(還元率1.13%)

 

ANA VISAsuicaカードには落とし穴がある

年間200万円以下の使用であれば、ANA VISAsuicaカードのほうがお得ですが、致命的なデメリットがあります。
ワイドゴールドカードへ切り替えができません。
ですので、もし200万円以上使用する可能性があるときは、ゴールドカードへ切替できるようANA VISA一般カードを使うことをおすすめします。

年会費 ♦本人2,000円(税抜き) ♦家族カード設定なし
年間継続ボーナスマイル ♦1,000マイル
付帯保険 ♦国内旅行傷害なし ♦航空便遅延1,000万円 ♦海外旅行傷害1,000万円
クレジットポイント⇒マイル ♦1,000円=1クレジットポイント=10マイル(移行手数料無料)
ボーナスポイント
※1ボーナスポイントは
3マイルとなります。
昨年度のお支払い累計額により、本年度のボーナスポイント利率が決まる
♦昨年300万以上:本年50万円支払いで150ポイント+以降10万円ごとに30ポイント
♦昨年100~300万:本年50万円支払いで75ポイント+以降10万円ごとに15ポイント
♦昨年50~100万:本年50万円支払いで50ポイント+以降10万円ごとに10ポイント
その他特典 ♦提携ホテル、レンタカー割引♦電子マネー♦ANA関連割引 等

前項目の年会費割引方法が使えます。
ANA VISAsuicaカードの年会費は、割引適用で251円になります。

クレジットカードを作成するときは、ポイントサイト経由が一番お得です。

【2019年】ポイントサイトと自己アフィリエイトを駆使して10万円稼ぐ方法&オススメ案件紹介

続きを見る

 

 

ボーナスポイント増やす裏ワザ

毎月3分作業をすれば、ボーナスポイントを増やすことができます。

ボーナスポイントを2倍にする裏ワザ

注意する点は、作業を忘れるとリボ払い適用となり支払額が増えることです。
確実に作業できる方は、下記のやり方でボーナスポイントを増やしましょう。

毎月、リボ払いを行うことでボーナスポイントが2倍になります。利子が発生しないよう、最低額でリボ払いするやり方です。
リボ払いは危険なので、下記作業を確実に守ってください。

作業は大きく分けて2つです。だいたい3分ほどで終わります。

やり方 注意点
①マイ・ペイすリボのページで、毎月の支払額(元金定額コースの金額)を低めに設定する。(こちらのページ 毎月の支払設定額(リボ払いしない金額)が低すぎると、この作業を忘れた際莫大な金利が発生するので危険です。
逆に支払設定額が高すぎると、リボ払いが適用にならない可能性があります。
設定額はリボ払いが適用されるくらいの低さであり、かつ忘れた時にリスクがないようほどほどの高さを設定してください。
②請求確定のメールが来たら、マイ・ペイすリボのページで臨時増額する。(こちらのページ
初回の場合は1500円以上、2か月目以降は110円以上がリボ払い適用になるよう残してください。
もし設定額を間違えた際は、電話で増額申請しましょう。
もし請求金額が支払設定額を下回った場合は、リボ払いを適用するために支払いを減額してください。
こちらのページ
♦備考

臨時増額(②作業)について、下記URLの「上記以外」の銀行だと失敗します。
こちらのページ
理由は、リボ払いの申し込み期限が早いからです。
ですので、申込期限に余裕のある銀行カードの引き落とし設定が必要です。

ちなみに、1000円のリボ払い適用すると利子は12円程度です。
少額のリボ払いは大した利子ではありませんのでご安心ください。

ANA VISAワイドゴールドカードの場合※1マイル=2.5円で計算
年間支払額300万円の場合、5,400マイル(13,500円)お得です
年間支払額200万円の場合、1,800マイル(4,500円)お得です
年間支払額100万円の場合、600マイル(1,500円)お得です

少しでもマイルを貯めたい方は、この裏ワザを使ってみてください。

 

ボーナスポイントを1.3倍にする裏ワザ

ボーナスポイントは1ポイント=3マイルですが、1ポイント=4マイルに変換することができます。
※ただし、様々なポイントを迂回します

ボーナスポイント⇒Gポイント(100%)⇒LINEポイント(100%)⇒メトロポイント(90%)⇒ANAマイル(80%)となります。

そのためにソラチカカードを作りましょう。

 

ボーナスポイントを最大20倍もらう裏ワザ

ハピタス経由、もしくはANAマイレージモールを経由してネットショッピングすることで、より多くのボーナスポイントが貯まります。
(amazon、じゃらん、楽天トラベル、一休.comレストラン、ニッセンオンライン、イトーヨーカドーネット通販、JTB、ロフトネットストア等)

詳細はコチラ⇒準備中

もしくは、ココイコを経由してリアル店舗で買い物をすることで、より多くのボーナスポイントが貯まります。
ココイコはコチラ⇒https://kokoiko.smbc-card.com

じゃ、またね。

投資の元手を増やす方法6選。最低額10万円は稼ぐために必要な作業

続きを見る





-節約
-, , ,

Copyright© サラリーマン金利の株ブログ , 2019 All Rights Reserved.