時短術

乾燥機付き洗濯機は縦型はイマイチ?4人暮らしなら日立ビッグドラムBD-SV110BLがオススメ

更新日:

どうも。金利(かねとし)です。

乾燥機付き洗濯機、ネット検索しても色んなメーカーのものがあります。
今回は選ぶポイントを紹介します。

断然ドラム式がいい!条件付きで縦型もあり

迷わずドラム式をオススメします。

項目 ドラム式 縦型
汚れ 落ちづらい(叩き洗い)。 落ちやすい(もみ洗い)。
水量 少ない(色移りの可能性あり)。 多い(通常の縦型洗濯機と同じ)。
乾燥方式 ヒートポンプ方式が多い。洗濯機の周りは熱くなりにくい。約65度の熱風のため衣類は痛みにくい。1回あたり電気代約20円。 ヒーター乾燥方式のみ。洗濯機の周りは熱くなりやすい。約100度の熱風のため衣類が痛み、縮みやすい。1回あたり電気代約60円。
乾燥具合 衣類を回しながら乾燥させるので乾燥しやすく、ふわふわ。 衣類は動かさず乾燥させるので乾燥しづらく、シワが多い。
乾燥後のシワ 少ない。 多い。
音の静かさ 機種による。 機種による。
価格 高い(20万前後)。 安い(10万前後)。
設置スペース 多い。 少ない(通常の縦型洗濯機とほぼ同じ)。

比較表を見ると、ドラム式でヒートポンプ方式が良さそうです。
ヒーター方式は衣類が痛み電気代も高いのでイマイチですね。タオルだけ乾燥させるならまだ良いと思いますが、服には使えないですね。

 

乾燥後のシワの多さ比較

ネットで調べると、衣類のシワ具合が載っていました。

ドラム式のシワ具合

縦型のシワ具合

 

https://limia.jp/idea/69958/より引用

ドラム式もシワはありますが、あまり目立ちませんね。
それに比べて縦型は凄まじい量の深いシワがあります。

縦型の乾燥機能はタオル、シール、部屋着だけにしか使えなさそうです。

乾燥機能は、ドラム式の圧勝だね。 設置スペースは必要だけど、ドラム式にしたいね~!

 

その他購入前に注意確認したいこと

乾燥時間について

乾燥機付き洗濯機は、乾燥作業の時間が非常に長いです。
約2~3.5時間ほどかかります。

乾燥作業の静かさについて

乾燥中はずっと作業音が鳴っているため、静かな乾燥機付き洗濯機を選んだほうがいいです。
作業音については機種によるため、購入前に確認したほうがいいです。

 

洗濯機の選び方!一回の洗濯量

洗濯容量は7kg~12kg程度が主流です。洗濯容量とは、1回で洗濯できる量(乾いた状態の洗濯物の量)をいいます。
乾燥容量は3.5~7kg程度が主流です。乾燥容量とは、1回で乾燥できる量(乾いた状態の洗濯物の量)をいいます。

※洗濯容量と乾燥容量、どちらも表示されている数値が限界値なので、8割くらいの容量があると考えてください。(洗濯容量10kg表記されている洗濯機は、実際は8kgが限界値と考えてください。)
理由は、JIS規格で決められた試験方法で限界容量を算出しているため、最大容量まで使うと場合によっては汚れが落ちない可能性があります。

洗濯物の目安重量

・ワイシャツ200g
・半袖~長袖110~130g
・靴下50g
・下着80g
・スカートやパンツ400g
・バスタオル300g
・シーツ500g

もし2人暮らしでだとざっくり1日1kgちょっと洗濯物が出ます。
もし、3日起きに洗濯するなら洗濯容量が3kg以上のものが必要です。
乾燥も一気に行いたいのなら、乾燥容量も3kg以上のものが必要です。
となると乾燥容量4.5kg表記のものがいいと思います。4.5kgの8割は3.6kgで、確実に乾燥されると思います。

縦型もドラム式も、乾燥容量はだいたい洗濯容量の半分くらいだね~。がっつり乾燥させるには、今の技術ではこれくらいが限界なのね。 

 

風アイロン機能を持つ日立ビッグドラムが最高

いろいろな乾燥機付き洗濯機がありますが、価格コムで口コミを比較したところビッグドラムが高評価でした。

 

価格コムの日立ビッグドラムBD-SV110BL口コミ・評判

性能に関しては文句ない。仕上がりも前に比べれば
しわが少なくふっくら仕上がる。

やっぱり8年の歳月、進歩しているということか。

タイトルにも書いたが、奥行きと幅で選ぶと、これしかなかった。
特に奥行きは設置場所ギリギリセーフだった。

昨日も豊富で満足だが唯一気になるのが

ドアガラスとパッキンに付くホコリが前に比べて多いこと多いこと。

毎回拭き取ってから、洗濯物を取り出さなければならない程。
ちょっと面倒くさいので評価を一点下げた。

<良い点>
・特にこだわらなければ、「標準」を選ぶだけの簡単操作。
・インバーター銀河は洗剤や漂白剤の投入口が洗濯槽内だったが、この機種では
機械の上部にあるので大幅に投入しやすくなった。
・縦型は乾燥時どうしてもシワになりやすく、洗乾コースはあるものの、
洗濯→脱水→取り出して叩いてシワ伸ばし→乾燥していたが、この機種では
普通に洗乾コースでシワにならない。
・糸くずフィルター、乾燥フィルター共に手入れが簡単。
・インバーター銀河と比べ脱水してもシワになりにくい。また、洗濯物が絡まない。
・上が平らなのでモノが置ける。乾燥フィルターが上にあるので、そこだけ
注意ですが。

<気になる点>
・個人的には投入は上から放り込むだけの縦型の方が楽に感じた。
ただ、取り出しは奥まで手を入れなくてよいのでドラム式の方が楽だと思う。
・パナにはあるがこちらは浸けおき洗いのコースがない。インバーター銀河にも
あって、時々使っているコースだったので残念。

以前の洗濯機にはなかった乾燥フィルター等のお手入れが面倒かな?とも思いましたが、自分で掃除できるところにホコリが溜まるというのはホコリさえ取れば洗濯機が壊れていくのを防げるって事ですよね。なので洗濯の度に楽しく掃除しています。ドアパッキンのところ(画像の赤と黄色の部分)にも洗濯の度に凄く繊維くずが付きますが、今まではこれがどこかに残ってたんだなぁ、と。洗濯物と一緒に髪の毛の塊が出てくるのも仕様だと思ってましたw

音は以前のより凄いけど、自動お掃除機能が働いてくれてるんだと思うと我慢できます。
不満点は1点だけ。糸くずフィルターのうたい文句が『振るだけで落ちる』ですが、濡れている時はダメです。ブラシ状だから水を流しながらでも物凄く取り辛い。(でも洗濯の度にドアパッキンを掃除してたら糸くずフィルターには殆どゴミが溜まりません。)

<風アイロン機能とは>
時速300kmジェットファンヒーターと湿度コントロール技術で蒸らしながら高速で乾燥させることでシワを軽減させられます。
日立 HITACHI BD-SV110BL-N

 

洗濯機スペースがないけど乾燥機能が欲しいなら

日立のドラム式を設置するスペースがないけど、乾燥機能が欲しい!!と思う方へ

オススメは、東芝の縦型ZABOONシリーズです。
メジャーな日立製品よりもコンパクトにまとまっていて、スペースもかなりコンパクトに使用できるシリーズです。

自分の家も、洗濯機の設置場所に給湯器がついていて邪魔なんだよなー。
営業マン
ZABOONを試してみては?

縦型、2人暮らしなら東芝のZABOONシリーズAW-8V6-Sがオススメです。(洗濯容量8kg乾燥容量4.5kg)

家族ができたときのこと考えてでかいの買おうかな。

先のことを考えて、早めに大型家電は買っといた方がいいと思います。

じゃ、またね。

「お金で時間を買う」と感じること。時短して人生を長く生きる方法

続きを見る

 





-時短術
-

Copyright© サラリーマン金利の株ブログ , 2019 All Rights Reserved.