仮想通貨投資 実践記

仮想通貨は日経よりも動きが荒い!やってみて分かったこと&今後の値動き予想

更新日:

どうも。金利(かねとし)です。

仮想通貨を購入して2週間がたちました。現在の保有状況は下記の通りです。

zaifとコインチェックで、合計50万円投資しています。
現在ざっくりですが55万円になっています。

 

期待度大の仮想通貨

すべてビットコイン以外の実証実験段階でありますが、注目が高く値上がりが期待できます。私は以下の4つに期待しています。

XCP(カウンターパーティ)

ビットコインのブロックチェーン上に間借りしたプラットフォーム上(カウンターパーティ)に作られた独自コイン。
PoB(Proof of Burn)方式 ※ビットコインを破壊しXCPを発行。

MONA(モナコイン)

ビットコインの技術を元に作られた「ライトコイン」のオープンソースを元にしたコインで、仕組みはビットコインと同じ。
P2P通信で管理者は存在しない、分散型管理の仮想通貨で、 PoW(proof of works)方式※マイニング型
Segwit実装(スケーラビリティ問題の1つであるブロックサイズ問題の解決として、ブロックサイズの圧縮機能をもつ)

ETH(イーサリアム)

P2P通信で管理者は存在しない、分散型管理の仮想通貨で、PoS(proof of steak)方式 ※マイニングではなく、仮想通貨の保有量に比例して新規発行の仮想通貨が貰える。
ビットコインよりも柔軟に開発できるプラットホーム。
※ビットコインの場合:ビットコイン(取引用途)→カウンターパーティ(金融プラットホーム)→XCP(カウンターパティ発行通貨)
※イーサリアムの場合:イーサリアム(アプリケーションプラットホーム用途)=ETH(イーサリアム発行通貨)
スマートコントラクト機能など(通貨取引と同時に賃借契約などの締結可能)

XRP(リップル)

発行主体が認めた機関だけが取引の合意検証作業ができ、取引手数料として報酬を受け取る仕組みの通貨。PoC(Proof of Consensus)方式
ビットコインとは違う動きをするわけですね。

ちなみに、ペペキャッシュもたくさん持っていますが遊びです。(1万円分)

仮想通貨取引を始める方法。口座開設から取引までの流れ

 

直近の値上がり期待について(妄想)

XCPは発行上限があり、カウンターパーティー上でPoB方式の通貨がつくられることにXCPがバーンされる(流通量が減る)ので価格は上昇していくだろうと考えます。
もちろん需給の影響も受けますが、それよりもバーンの影響が強いと考えます。カウンターパーティ上での通貨作成が活性化すれば価格は上昇します。
懸念事項は、カウンターパーティ代わりの機能をイーサリアムなどで実装しないかということです。

MONAコインは、ビットコインと同じ機能ですのでビットコインと同様に取引所が増えるにつれて認知度が上がり、価格上昇が見込めます。
ETHは、実証実験真っ最中でさらにアップデートする予定ですので、期待です。
XRPは、グーグルが投資していますので期待です。(イマイチわかっていません)

じゃ、またね。





-仮想通貨投資 実践記
-, , ,

Copyright© サラリーマン金利の株ブログ , 2019 All Rights Reserved.