節約

【車選び】新車or中古車?残クレより信用金庫マイカーローンが低金利

更新日:

どうも。金利(かねとし)です。

今回、車選びについての記事になります。
こんな方向けの内容になります↓

・新車と中古車、どっちがコスパがいいのか
・新車を値引くやり方を知りたい
・中古車を買うとき、チェックすることが分からない
・現金で払えないので、ローンを組みたいけど何のローンが良いのか教えてほしい
新車と中古車、どっちがいいのかな~?
営業マン
使い方次第で、オススメが変わってきますよ!

【得】コスパなら中古車。安心を買うなら新車

乗用車コンパクトカーを例に、新車と中古車を比較してみました。

結論からいいますと、乗車時間が長かったり車が好きな人は新車がオススメ!それ以外の方は中古車がオススメ!

項目 新車 中古車(5年) 中古車(10年)
販売価格(本体+諸費用) 200万円 100万円 50万円
任意の点検サポート(ただし走行距離が多くない方にとっては不要の過剰サービスです) 新車用メンテナンスパックが有料であります 中古車用メンテナンスパックが有料であります 中古車用メンテナンスパックが有料であります
車検時期(約10万円) 初年度3年、以後2年 2年(場合によっては購入年に車検あり) 2年(場合によっては購入年に車検あり)
在庫数 有り 少ない 多い
製造から15年乗る場合の年間支払額(本体価格のみ) 200万円÷15年=年間13.4万円(購入後15年乗る。※15年乗らずに売却した場合は、この金額より高く払った計算になります) 100万円÷10年=年間10万円(購入後10年乗る) 50万円÷5年=年間10万円(購入後5年乗る)
長持ち しやすい(下回りサビ止め塗装と、定期的な洗車でサビの発生を防ぎやすい)。 しづらい 非常にしづらい
設備とグレード 選択可能 選択不可 選択不可
総合評価 遊びや仕事で、普段から乗車時間が長かったり走行距離が多い人向け。好きな車に乗りたい人向けになります。 平日は会社の通勤だけ、休日はたまに出かける人向け。コスパを重視したいけど、できるだけ綺麗な車に乗りたい人向けになります。 見た目や車内を気にせず、移動手段として考えている人向けになります。

ちなみに、軽自動車はオススメしません。
理由は、まず車体の鉄板が薄いため事故時の衝撃に弱く、貰い事故で死亡する可能性が乗用車よりも高いです。また、サビが発生した場合少しの腐食でピンホールが発生する可能性があります。

 

新車?中古車?セルフチェック

大好きな車種がありますか?→YES→新車がオススメ
↓NO
車の見た目や車内は全く気にしませんか?→YES→中古車(10年)がオススメ
↓NO
普段から走行距離は多いですか?平日の通勤の他、休日はアクティブな趣味がありますか?→YES→車に乗る時間が長いなら新車がオススメ
↓NO
中古車(5年)がオススメ

わー!大して遠出もしないし中古車だー!
営業マン
そうですね!釣りやキャンプ、アウトドアやドライブをしないなら中古車でいいかも。

 

【新車】値引くには、ディーラーに隙を見せる

これは私の経験談ですが、新車を値引くには釣り堀に糸を垂らすがごとく「ディーラーから食いつくのを待つ」スタイルがオススメです。
ゴリゴリに値引きプレッシャーをかける方法もありますが、これだと「絶対あなたのとこから買うから!!」と間接的に言っているようなものなので、ディーラーからしても「あまり値引かなくてもこの客は買いそうだ」となり、ぎりぎりまでは値引くことはできないかもしれません。

それよりも、「新車と中古車と迷っている」「貴社と他社と迷っている」など揺らいでいる状況(隙)を見せると、ディーラーは「このお客さん、買うか買わないか瀬戸際だから背中を押さないと」と考えいくつかサービスをしてくれるはずです。
最終的に、「もう少しだけ値引きませんか」などお願いする程度でも、ディーラーはかなり頑張ってくれます。

ディーラーも人間ですので、あまりプレッシャーをかけないであげましょう。(笑)

でも中古車でほんとに良いのかな~?
営業マン
そうやって迷ってると、新車ディーラーは攻めの値引きをしてくるからオススメ!

 

【中古車】重視する条件、下回りのサビと使用歴に要注意

中古車を買う安心な検索条件を紹介します。自分はこちらを重要視しています↓

♦修復歴無し
※水没は修復歴無し扱いなので、シートベルトやシートなどに変なシミがないか確認すること
※保険を使用せずにバンパー交換は交換跡や修理跡扱いになります
※事故車でも修復していない場合、修復歴無し扱いになります
♦できれば!ワンオーナー
※レンタカー落ちだと荒い運転をされている場合があります

そして、実際の車を確認する際は、こちらをチェックしています↓

□車体や車体下回りがサビていないか
※ちなみにサビの上から塗装した場合、ザラザラしているので分かりやすいです
□車内は無臭か、変な臭いがしないか
※シートに変な臭いが染みついていないか
□細かな傷や、窓は問題なく動くか
※足元マットの下に汚れがないか
□試乗して運転しやすいか、変な音はしないか

特に、車体下回りのサビは致命傷になるので注意が必要です。

 

下回りのサビができる原因

サビができる原因は塩害になります。

塩害とは、海の潮風(塩)や、融雪剤(塩)が車体に付着することで起こる反応になります。
ですので、前所有者の使用歴や居住地である程度腐食の具合が想定できます。

一度サビが発生すると、基本的には二度と消えてなくならないため、サビのある車はオススメしません。

下回りのサビを防ぐ方法

定期的に車体下回りのさび止め塗装を行う
サビ止め塗装することで被膜になるので、車体下回りを擦らないかぎりサビの発生を抑えることができます。

定期的に車体下回りを洗車する
サビが発生する前にサビの原因となる塩害物質(塩)を除去してしまえば問題ありません。

中古車、塗装は剥がれてないけどなんかボコボコしてるー!
営業マン
それはサビの上から塗装を塗った可能性ありです!要注意!

 

【支払い】残クレはダメ。信用金庫のマイカーローンで

最近、ディーラーのカーローンよりも低金利の残クレ(残価設定型クレジット 新車向け)があります。

<残クレとは?>
購入時に設定された下取り価格を差し引いた額を、3~5年で支払うシステムです

結論からいいますと、残クレで得をするのは極めて稀です。

残クレのメリット 残クレのデメリット
3年~5年で売却する予定ならお得 ディーラーカーローンよりも金利は低いが、銀行カーローンのほうが更に金利が低い
事故を起こした場合、下取り価格が下がる
契約内容によって走行距離が制限される(1,000km/月 1,500km/月 など)

残クレはデメリットが多いです。
新車を3~5年で売却する予定ならメリットはありますが、それ以外の方は損をする確率が高いです。

 

銀行カーローンが一番低金利

カーローンの中だと、銀行カーローンがダントツで低金利です。
たいていのディーラーローンや残クレは、車種にもよりますが金利4%以上しますが、銀行カーローンは高くても4%は超えません。

そして現在、大手銀行のほかネット銀行でもカーローンが用意されているので、迷っている方は条件を見てみることをオススメします。

金利って、本体にかかるの?
営業マン
そうですよー!本体200万円で4%金利なら1年目は年間8万円、次年度に残ローンが150万円なら2年目は金利6万円。
金利って、ほんと損する仕組みだよねー・・・
営業マン
そだねー。現金一括支払いが一番お得だよ。

 

【保険】安さならネット保険、サービスならディーラー保険

結論からいいますと、値段が圧勝なネット保険をオススメします。

項目 ネット保険 ディーラー保険
概要 無店舗型、通販型とも呼ばれる 代理店型とも呼ばれる
保険料 安い 高い
加入方法 インターネットで自力で加入 スタッフのフォローを受けながら加入
こんな人向け ・保険料を安くしたい
・インターネットに使い慣れている
・ディーラーとは特に仲良くなろうとは思っていない
・とにかく心配性
・なんでも人に聞かないと気が済まない
・同じディーラーさんから次の車を買おうと思っている
保険については勉強中!こうご期待!

じゃ、またね。

投資の元手を増やす方法6選。最低額10万円は稼ぐために必要な作業

続きを見る





-節約
-,

Copyright© サラリーマン金利の株ブログ , 2019 All Rights Reserved.