節約

【2018年】サラリーマンの平均お小遣い額&昼食代&副業事情

更新日:

どうも。金利(かねとし)です。

サラリーマンの皆さんの、周りのお小遣い額が気になりましたので調べてみました。
年収別でデータがあったので、紹介します。

参照元:2017年サラリーマンのお小遣い調査http://www.shinseibank.com/corporate/news/pdf/pdf2017/170626okozukai_j.pdf
インターネット調査:合計2714人対象

男性既婚サラリーマンの平均お小遣い事情

お小遣い(昼食代含む)の平均値は35,700円でした。

年代 金額(円)
20代 39,837
30代 33,766
40代 33,772
50代 37,054
サラリーマンの昼食代平均額は590円

ちなみにこの統計には昼食代平均値も記載されていました。
昼食平均値は590円、弁当持込率は34%でした。
計算すると、男性既婚サラリーマンは月平均4,112円を昼食に使っています。(出勤日数20.5日/月×コンビニ弁当率0.66%×昼食平均値590円=4,112円)

お小遣いの12%は昼食代に消えているようです。(4,112円÷35,700円×100=11.5%)

 

飲み代!50代の散財がスゴイ

平均すると、月11,975円飲み代に使っています。

お小遣いの34%は飲み代に消えているようです。(11,975円÷35,700円×100=33.5%)

1か月の飲み回数は、どの年代もほぼ同じで平均2.3回でした。
ただ、自宅で飲む回数は、50代が最多の15回でした。(平日ほぼ飲んでるやん!)
ちなみに20代は8回、30代は10回、40代は12回になります。

また、1ヶ月の飲みに使用する金額は50代がとびぬけて多かったです。
20代~40代は10,000円前後ですが、50代ほぼ倍ちかくの18,000円でした。
めちゃくちゃ使っていますね。後輩におごるパターンが多いのかもしれません。いや、たぶんスナックいきまくりなんでしょう!50代は語ることが大好きですからね!

 

副業額!50代のお小遣い稼ぎがスゴイ

平均すると、月副収入を得ている人は全体の18%で、平均金額は42,041円となります。(多い!)

年代 副収入を得ている割合(%) 月平均金額(円)
20代 24.6 16,292
30代 18.5 17,297
40代 17.3 39,266
50代 11.5 143,894

ポイントサイトでの副収入は、20代~40代で60%!(高い!)すさまじいですね。
50代では30%でおさまっています。

<2018年度>ANAマイルを効率よく貯める方法まとめ!ポイントサイトとクレカが還元率最大

続きを見る

株式投資は全年代25%におさまっています。

アルバイトや副業について、50代が30%となっています。(高い!なぜだ!笑)
なにか仕事で見つけたコネを活かして小銭稼ぎをしているのでしょうか。
20代~40代は15~20%となっています。

また、不動産投資については50代は25%です。(高い!)4人に1人が何かしらの物件を持っているということでしょうか?たぶんこの層が副収入額平均値を押し上げていますね。
20代~40代は5~10%。

ギャンブル、ネットオークション、FXは突出して変化はありません。

ブログやHPでの広告収入は20代が10%(高い!)、その他年代は低く、50代にいたっては0%でした。

ちなみに、私の副業額はコチラで公開しています→https://金利.biz

 

2018年男性既婚サラリーマンのお小遣い事情まとめ

お小遣い(昼食代含む)の平均値は35,700円で、4,112円(12%)を昼食代、11,975円(34%)を飲み代に使っています。

そして、各々副業で稼いでいる人もいます。
また、50代の副業率は10%と低いけど、副業している人はめっちゃ稼いでいます。

じゃ、またね。

投資の元手を増やす方法6選。最低額10万円は稼ぐために必要な作業

続きを見る





-節約
-, ,

Copyright© サラリーマン金利の株ブログ , 2019 All Rights Reserved.