時短術

時短グッズのロボット掃除機ルンバ、類似品の激安メーカーILIFEがおすすめ!

更新日:

どうも。金利(かねとし)です。

ロボット掃除機として有名なルンバ、価格が高いです。

価格ドットコム:http://kakaku.com/kaden/robot-cleaner/

1~3位の売れすぎを見ると最安値でも3万ちょっと、最高10万もするルンバがあります。
これはコスパが悪そうですね。

ですが、同じロボット掃除機ルンバでも、激安の商品があります。
実際に私も買いましたので口コミも載せます。

ルンバ類似品の激安メーカーILIFE

私も友人から教えてもらったのですが、ILIFEというロボット掃除機は値段が安いです。

簡単に言うとルンバの類似品です。

ルンバという商品名はIROBOTというメーカーが名付けた商品名ですが、同じようなロボット掃除機はたくさんあります。
その中でもILIFEは安いです。
ドンキやヨドバシカメラで激安ロボット掃除機が売っていますが、このILIFEが一番おすすめです。

ILIFEは、Chuwiという中国のタブレットメーカーが製作したロボット掃除機です。

ルンバのような「スマホのアプリから遠隔操作をする」とかの機能はありませんが、それ以外の掃除機能はあります。

ルンバ類似品ILIFE A4s 使ってみた感想

私が買ったのはコレ。

メリット

ボタン1つ押して完了、放っておくと綺麗になる。(他の家事をやっている間にかけておくとかなりの時短になります!)

掃除機の入らないソファやベッドの下などの隙間に入り込んで掃除してくれる。

両サイドにゴミ取り用ブラシがついていて、それが回転しているので隅々までゴミが取れる。
よく長い髪の毛がこのブラシに絡まって取れています。
犬や猫などペットの毛も、このブラシで取れると思います。

電池が切れかけると、ルンバ自身が充電器に戻って充電する。

ちゃんと壁にぶつかる前に減速する。
あと、掃除の順序ですが、①壁にぶつかった後方向を変えて進みます②それを繰り返した後、次は壁にぶつかった時にほんの少し角度を変えて進みます。
簡単に言うと、「①」のときは部屋の中央をがっつり掃除してくれて、「②」のときは壁際のゴミを吸い取ってくれます。
なので、部屋全体が綺麗になります。

ゴミの取れ具合はこんな感じ。(閲覧注意)

埃も取れますし、髪の毛もがっつり取れます。こんなにゴミが取れてますけど最低でも3日に1回くらいはルンバかけています。
どうしても髪の毛や埃が絨毯に絡まりやすいせいで、目には見えませんが部屋の中は徐々に汚くなります。

 

デメリット

音がうるさい:ただ、掃除機ほどではないです。洗濯機の音量より少し小さいくらいです。

床にコード類を置いていると引っかかってエラーで止まる:あらかじめ床の片付けが必要です。よくスマホの充電器が絡まってしまう。あと分厚い絨毯は厳しいらしいですね。標準の絨毯なら大丈夫なんですが。

段差があると落ちる:私は玄関の段差や階段に落ちないように荷物を置いてガードしていますw

吸引力が弱い:あんまりゴミを吸い取る力はないですが、時間かけて使用することでめっちゃゴミと埃を吸ってくれます。自分は1LDKですが30分~1時間ほどかけるとたんまり埃が溜まっています。

余談ですが、今こういう水拭きタイプのロボット掃除機もあるんですね。

時代は家事の自動化です!

いくらのルンバを買うとコスパが良いのか

仮に部屋の掃除機を週に2回するとします。
1日30分とすると、一ヶ月で4時間。1年で約50時間です。
仮にあなたの時給が700円(最低賃金)だったとすると、1年間で35,000円分の掃除をしていることになります。

なので、35,000円以下のルンバを買えば1年以内に元を取れると考えていいと思います。

じゃ、またね。

「お金で時間を買う」と感じること。時短して人生を長く生きる方法

続きを見る





-時短術
-,

Copyright© サラリーマン金利の株ブログ , 2019 All Rights Reserved.