株投資 実践記

株は一時撤退し仮想通貨を始めます~ベネズエラのデフォルトによるリスク増大~

更新日:

どうも。金利(かねとし)です。

株を100万円分運用していた私ですが、このたび株式投資は一時撤退することにしました。
11月15日に日経大暴落(前日比-351円!)が起こり、今後の暴落を懸念し保有株をすべて利益確定しました。

11月15日の売買成績

前日は+14万円でしたが、だいぶ下がり+10万円でフィニッシュです。

 

九州リースサービスが東証一部昇格を発表

余談ですが、私が利益確定した翌日に九州リースサービスが東証一部昇格を発表しました。ただ、昇格期待が高すぎたせいで東証一部の発表があった翌日は株価が下がるという事態です。

昇格投資法も、株価が値上がりしたところで昇格発表前に売ってしまうのが一番かもしれません。株価の上昇は確実ですので昇格投資法は使えますが、PERを考慮した利益確定時期がポイントになります。

 

イーレックスが加速度的に成長(低圧電力契約9万件突破)

イーレックスが加速度的に成長しています。成長した理由は、代理店に「プロパンガス会社」「モノタロウ」など様々なところを持つようになったからです。低圧電力というのは家庭用のことですが、今後も代理店が増えると思われるので成長が期待できます。

イーレックスだけ株を買い戻そうかとも考えてました。ただやはりPER18倍でやや割高で、日経が暴落したときにかなり引っ張られるのではないかと予想しています。
※現在のEPS60円でPER10倍となると600円。今後の成長を含めると、長期的に見れば日経が暴落してもトントンになりそうな気もします。しかし極力リスクを避けるため、保有しません。

 

なぜ日経平均が暴落したのか?

今回、日経平均が暴落したのは調整だろうという見方が多いです。
ただ私はベネズエラのデフォルトで投資家が動き始めていると考えます。

 

ベネズエラのデフォルトとは

ベネズエラ国債と、国営ベネズエラ石油(PDVSA)が発行した社債の債務不履行のことです。

ここからは私の予想なのですが、これはリーマンショック初期のきっかけと似ていると考えています。

 

リーマンショックとベネズエラデフォルトのシナリオ

サブプライムローン(アメリカの証券会社リーマンブラザーズのローン)で、たくさんの低所得者が家を購入するが、不況により支払不能者が続出しリーマンブラザーズが倒産。
リーマンブラザーズの社債を持ってた銀行等の経営も悪化し、アメリカが更なる不況に追い込まれてそれが他国へ影響した結果、株価が暴落しました。
時系列は下記の通りです。

リーマン・ブラザーズ倒産(2008年9月15日)→歴史的な日経平均下げ相場(2008年10月) ※参照http://kapok.mydns.jp/business/lehman-shock-n225/

今回のベネズエラデフォルトが同じようなルートをたどる可能性があると考えます。

ベネズエラデフォルト(2017年11月13日~20日)→ベネズエラの国債やベネズエラ石油の社債を保有していた銀行の経営が悪化→不況になり株価が暴落

リーマンショックは倒産後、15日~30日で暴落が来ていますので、ベネズエラデフォルトによる暴落Xデーは2017年12月ではないかと考えます。
ですので、年内は株を保有しません。

 

仮想通貨を始めました

株を一時撤退し、仮想通貨を始めました。
仮想通貨は本来価値のないものですが、今は熱い相場なので手を出しました。

ベネズエラのデフォルトによるリスクですが、ビットコイン(メジャーな仮想通貨)はあるがアルトコイン(マイナーな仮想通貨)は特にないと考えます。
株式投資は不況により控えることはありますが、そもそもアルトコインは投資家も少ないので、特に影響は受けないものと考えます。

とりあえず株で儲かった10万円を突っ込んでみました。XCPという仮想通貨(アルトコイン)の評価が良かったので買ってみました。遊びですので、堅実にお金を増やしたい方は真似しないでください。

じゃ、またね。





-株投資 実践記

Copyright© サラリーマン金利の株ブログ , 2019 All Rights Reserved.